アジアの昭和30年代

 先日、地方ホールにて民族音楽のオーガナイズをしている友人と長電話をしていて、最近のアジア事情について話題になった。
 僕らが民族音楽に夢中になった90年代初期からすでに20年近くたつけれど、その当時は世界でも民族音楽は多く伝承されていたが今はどうなっているのか、というような話をしていた。


 聞くところによると、最近、アジアでも経済発展によって、都市と郊外が誕生し、その中でコミュニティが解体していく傾向にある、と。ただし、それはまだまだ日本の昭和30年代のようなもので、日本ほどは進んでいないので、それなりに民族音楽も進化をしているところがある、というような話だった。


 しかし、日本は戦後、地域共同体が解体され、次に会社コミュニティが解体され、最後のコミュニティと言われいた家族さえも、離婚率の高さなどによって揺らいでいるというのが現状ではないかと思う。


 日本人の強さは、よくも悪くも時に自己犠牲をも厭わないコミュニティの団結力やチームワークだったわけだが、その結束力が急速に失われていくと、社会全体のバランスを大きく失ってしまう。
 派遣労働の問題などはその一例に過ぎない。


 グローバルな視点と言うと、もちろん、人件費が高く、円高の日本では世界競争に勝てないといのは明白な事実だし、それを量がするだけの付加価値商品となると、専門性が高くなり、雇用する人数も圧倒的に少なくなってしまう。
 しかし、日本で暮らしている以上は、社会全体のヘッジ機構がないと、必然的にリスクが高まってしまう。


 2005年くらいからmixiなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスが活発になったのも、長期不況により、会社コミュニティが解体されて、コミュニティのより所が学校の友人だけになってしまっていたからだと思う。
 卒業してから、分散してしまった友人たちの現在を知るために、ソーシャル・ネットワーキング・サービスは、非常に便利なツールだったのだ。そのことは、mixiの笠原さんなどもかなり自覚的に発言されていたように思う。


 僕も実は、最後のコミュニティは、学校かもしれない、と思っている。学校の問題は多すぎて、学校をなくしてしまえばいいと思うところもあるのだが、ここまでコミュニティが解体されると、学校を別な形で改変していくしか手がないのではないかと思うところもある。
 しかし、最近では学校でさえも、格差社会によって、子供達の間でヒエラルヒーができつつあるという話も聞く。


 今回の選挙で、養育手当ての話もいろいろ出ているようだけれど、単純に養育費という側面だけではなく、今後、日本各地で解体されてしまったコミュニティをどのような形で再編し、再創造していくかが、日本の大きな課題であるように思う。


 それは、これから日本と同じような歴史をたどるであるであろう、アジアの人達の大きな道標にもなるはずだ。

 民族音楽の話に戻れば、民族音楽は、コミュニティの結束の度合いを示すものであり、実は、これからコミュニティ再編の大きな役割を果たすものになるのではないかと予想している。

音楽業界

いよいよCDが売れなくなって、最近では、CDはライブに来てもらうための販促になっているらしい。また、ライブでも盛り上がりを優先するアッパーな曲が増えているとのこと。大物ミュージシャンをはじめ、そういう傾向はあったが、新人も含めてCDとライブの逆転現象が起こっているようだ。
まあ、もともと音楽は、ライブが基本であるので、20世紀にレコードが発明され、レコード産業が拡大し、さらに、マルチトラックや電子楽器が発明されてからライブでは演奏再現不可能な楽曲も増えたりして、ずいぶんライブとの距離ができていたが、20世紀以前の世界に戻りつつあるということなのかもしれない。
レコード会社は、原版権ビジネスと言われるように、マステーテープに、レコード会社と音楽事務所著作隣接権を持つことによって、権利関係をホールドし、さらに、CDの売り上げについての契約を交わすことで、権利関係とビジネスの基盤を築いてきたが、ライブが中心になってしまったら、レコード会社自体の存在感はうすくなってしまう。
それよりも、ライブの出演交渉を行う音楽事務所や、ライブの興行を行うイベンターの方に力がシフトしていくだろう。
その構図は、どちらかと言うと、吉本のような、お笑いタレントのあり方と近いように思える。
また、吉本も、映画や出版などに積極的に参画し、権利関係もホールドすることを進めているし、タレントの多角化に余念がない。
レコード会社が、今後、どのような存在になっていくか難しいところだろう。

ポピュラー音楽の世紀 (岩波新書)

ポピュラー音楽の世紀 (岩波新書)

主婦の気持ち

僕は、主婦とはかけ離れた存在なのでその気持ちはなかなかわからないのだけれど、最近、秦万里子さんという、シンガーソングライターがちょくちょくテレビに出ていて、今日もひるおびに出演されていた。
彼女は、コンサートを開くたびに、地元の人たちでコーラスを結成して、一緒にコンサートで演奏するとのこと。

主婦の気持ちといえば、竹内まりやが、結婚してからの日常の日々のささいな気持ちの変化を歌にして、主婦の代弁者であったが、スタイリッシュなので、励まされるということはあるだろうが、笑えるとか、泣けるというようなところまではいかないかもしれない。
また、綾戸智恵も主婦層のファンは多いと思うし、泣ける要素はあるだろうが、彼女の場合はジャズなので、日本語でその気持ちを伝えるわけではない。

そういうところに、竹内まりや綾戸智恵を二で割ったような、秦万里子さんが出てきて、主婦の気持ちをわしづかみにしている感じだった。ただ、綾小路きみまろ的なつかみもあるようなので、当初見るとお笑いの方かなと勘違いしそうになるが、基本的には笑いと涙でもって、主婦の日常の気持ちを代弁しているという感じのようだ。

秦さん自身も離婚経験者でありお子さんを育てているが、専業主婦や仕事を持つ主婦、シングルマザーなどいろいろおられるが、子を持つ親の気持ちは、普遍的なようである。

半径5メートル物語

半径5メートル物語

Expressions (通常盤)

Expressions (通常盤)

音楽産業の変化

某プロデューサーが逮捕され、輝かしい経歴からの凋落が報道されているが、個人としての事業の失敗やその対処を誤ったことは事実だろうが、基本的には音楽産業がCDの時代からダウロードの時代へと移行したことの影響をもろに受けたということだろう。
CD販売の売り上げは90年代後半をピークに、2000年代前半からiPodや携帯電話などのダウンロード販売へ急速に移行していく。それとともに、レコード産業は急速に市場が減って、音楽産業には根本的な変化が訪れていた。某プロデューサーも、流行が過ぎたとか、才能が枯れたとかというような意見もあるだろうが、基本的にCDが売れなくなって、大量の広告費を使ったリリースができなくなったのが根本的な理由だろう。連日連夜音楽を耳にすると、多くの人は好きになってしまうものだ。
さらに、その間、インディーズがブームになり、CD流通が変わり、テレビを中心とした露出にるヒット創出が時代遅れになっていたことも関係あるだろう。スカパンク、ヒップホップ、レゲエなどのブームは、メジャーになる以前からライブで支えられていた音楽だった。音楽が電波から現場中心に移行していたことの表れだろう。

マドンナもプリンスも、すでにレコード販売からライブへと収入源の柱を移行させている。そもそも、レコード産業ははかのエジソンが100年年前に発明して、20世紀に誕生した産業だ。それまでは、音楽家はライブをするか楽譜を売るかでたいしてもうからない職業だった。21世紀になって、音楽家は再び19世紀のようにライブ中心の世界に戻ろうとしている。そもそも、音楽とはライブが原点であり、レコーディング技術の発達による現在の音楽の方が長い音楽の歴史の中で特殊なものだ。ビートルズのマルチトラック録音から始まり、音程がはずれてもすぐ修正できるような今の技術は、バブルに似たところがあるかもしれない。

それを考えると、90年代後半の音楽産業は急速に音楽の質が低くなり、大量消費された転換期として記憶されるだろう。
某プロデューサーは時代にはまりすぎて、大局観がなかったところに大きな問題があったかもしれない。できれば、次の時代の音楽の有り様をプロデュースしてほしかった。

マドンナ コンフェッションズ・ツアー・ライヴ

マドンナ コンフェッションズ・ツアー・ライヴ

平安京 音の宇宙

 サウンドスケープ、音環境という新しい思想を、歴史的な流れに適応し、京都の音環境を通史したもの。
 現代の音環境もさることながら、平安京に編みこまれた音の世界を、文献と調査を駆使して読み解いていく内容は、今まで誰も知りえなかった想像の世界を広げ、著者の文学的な才能もあいまって、新しい地平を切り開いたと言える。
 
 サウンドースケープの提唱者、カナダの作曲家、マリー・シャーファーが取り組んだバンクーバーの調査と比較しても、1000年の歴史のある京都に適応させたときに、浮かび上がる音の厚みの深さに驚く。

平安京 音の宇宙―サウンドスケープへの旅 (平凡社ライブラリー (508))

平安京 音の宇宙―サウンドスケープへの旅 (平凡社ライブラリー (508))

K7box

 鈴木つながりだが、60年代から独自のサウンド・アートの活動を続け、世界的に評価されている鈴木昭男の創作楽器の代表作『アナラポス』のCD。
 『子宮の響き」『天使の声』とも形容される不思議な音色を奏でる世界にも類例のないリバーブサウンドははじめて聴くものに衝撃を与える。もともと、山彦をヒントに、人工的に山彦を作る楽器として、「鉄の糸電話」としてのアナラポスを考案した。
 糸の部分がスプリングになっており、筒からの声にリバーブがかかり、それがもう一方の筒に反響し、音の波が増幅と反響を繰り返すことによって、得がたいエコー効果が生まれる。
 音響派からのリスペクトも高い。 

 ジョン・ケージとの交流や小杉武久とのユニット活動など、フルクサスとのつながりも深い。
 鈴木もまた瀬戸の神官の家系で、代々伝わる岩笛のパフォーマンスなど、シャーマニックなセンスも高い。


K7box (カセットボックス)

K7box (カセットボックス)